ユベントス 98 99ユニフォーム

黄色を基調としたホームユニは、袖と首元は水色と、派手ながらも統一感のあるデザイン。一緒に確認していきましょう。前面にプリントされているのは、街の象徴的な存在であり、初期ルネサンスを代表する詩人、ダンテ・アリギエーリの保護者として知られる、Cangrande I della Scala(スカーラ(階段)のカングランデ1世)が馬に乗る姿。 ところが、イタリアで猛威を振るうCOVID-19の世界的大流行はセリエAでも直撃し、ダニエレ・ルガーニが感染したことを発表。

昨シーズンも「偉大なミラン」は復活せず、サッスオーロに抜かれまさかの7位フィニッシュとなりました。昨シーズンを9位で終え、さらなる上昇のキッカケを作りたいキエーヴォは、ヴェローナを本拠地に置くチーム。昨シーズン、前半戦はインテルなどとともにトップを走るも、爆発的な追い上げを見せたユヴェントスについていくことができず、結果は2位。 アウェイユニは1949年にトリノを襲った、スペルガの悲劇の時に積極的な募金活動をし、それ以来友好関係を築いているリーベル・プレートに敬意を表し、白を基調としたたすき模様になっています。

本来は動かして楽しい、プレイして楽しいで、純粋に語られるべきことだと思うが、これも時代の流れなのだろう。 ユヴェントスはラテン語で「若者」や「青春」を意味する ユウェントゥス (juventus/iuventus) に由来する。個人的には昨シーズンの方がかっこよくて好きでした。個人的には、落ち着きのあるアウェイユニの方が好きです。

紺を基調とした挑戦的なユニフォームは、アウェイのスタジアムできっと映えることでしょう。新ユニフォームは、臙脂基調にピンボーダー柄を、ネックラインやナイキロゴにオレンジを使用しています。新ユニフォームは水色基調でポロカラー。紫を基調としたシンプルなデザイン。 16-17シーズンのセリエAは、ユヴェントスが6シーズン連続優勝という偉業を達成。 1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリ、ラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。

ユベントス ユニフォーム 2022についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。