ユベントス ユニフォーム 2021

2012-13シーズンは、クワドォー・アサモアとマウリシオ・イスラのウディネーゼからのコンビやポール・ポグバらを獲得したが監督のコンテがシエナ時代の八百長の報告義務違反で処分され、10ヶ月出場停止となったが(4ヶ月に軽減)、2013年5月5日に連覇を果たした。白と黒の生地を胸中央から右わき腹への曲線で分け、左わき腹の白い部分にはユベントス12/13アウェイのスタージャージーのような大きな星マークを入れたデザインで作成したオーダーメイドのサッカーユニフォームです。

この時期までユヴェントスが使用していたピンクと黒のユニフォームは色褪せしやすいという問題があり、1903年に現在の白と黒(ビアンコネッロ)に代わった。新エンブレムがより際立つよう、1stはチームカラーであるブルーとブラック、2ndはホワイトをベースとした、いずれも太めのストライプ模様のシンプルなデザインを採用した。 イタリアの伝統クラブが採用するユニフォームは、クラブの歴史がつまった格式の高さを感じさせます。

昨シーズン(2018-19)の白黒の縦縞が良かったという方もいるようですが、個人的には2019-20シーズンのユベントス公式ユニフォームもシンプルでかっこいいデザインだと思います。決勝では同じく2冠を達成したバルサとお互いに3冠を賭けて対戦したが、試合開始早々に失点し、追いつくも再び勝ち越され、結果的に3-1で敗れた。 コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。

チャンピオンズリーグでは、準決勝で前回チャンピオンのレアル・マドリードを2戦合計3-2で下し12年ぶりの決勝進出を果たした。 2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、サミ・ケディラ、アレックス・サンドロ、フアン・クアドラード、シモーネ・ザザ、ダニエレ・ルガーニ、エルナネスといった新戦力を獲得した。 ラウンド16ではトッテナム・ホットスパーFCと対戦。

このシーズンは4試合を残してリーグ戦4連覇を達成、コッパ・イタリアではラツィオを延長戦の末2-1で下し、20年ぶりの10回目となるコッパ・イタリア制覇を果たした。 セリエa史上初となるリーグ7連覇を達成。 SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。

ユニフォーム ユベントスについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。