ユベントス ユニフォーム 公式

 ユベントスが描いているシナリオは、「JUVENTUS」というブランドに「CR7」という大きな付加価値をつけることによってその商業的価値を大きく高め、マーチャンダイジングやスポンサーといったグローバル市場をターゲットにしたビジネスを成長させ、それによって売上高を大きく伸ばしてライバルたちとの距離を縮め、同時に巨額の投資も回収する、というものだろう。  その観点に立って考えると、ロナウドという存在は、ユベントスというブランドの商業的な価値を高め、マーケットを世界へと拡げていく上で、これ以上ないほどに理想的な起爆剤だと言える。

それを象徴的に示すのが、Instagram、Twitter、Facebookといういわゆる3大SNSの総フォロワー数で、上に挙げたビッグ3に大きな差をつけられているという事実だ。 それを象徴するのが、昨シーズンから導入した新しいロゴマークによる徹底したブランドマーケティング戦略だ。 これはロナウドがユベントスにもたらすであろう成長に、株式市場が大きな期待を寄せていることを証明する事実だ。

そしてピッチに立つときには、100%の力を発揮することを期待される。  さらに言えば、同じ1億ユーロの移籍金を支払うにしても、例えばそれが25歳のポール・ポグバならば、2、3年後にはそれを大きく上回る金額で売却できるだけの「資産価値」が残る。  これだけ不利な条件がそろっているにもかかわらず、3億5000万ユーロという巨額を投じる決断を下したのだとしたら、それはプレーヤーとしての戦力的/資産的な価値だけでなく、ピッチ外で様々な利益をもたらしてくれる商業的な価値までも視野に入れた投資であると考えなければ、話の辻褄が合わない。

つまりピッチ上のパフォーマンスを除いた選手としての「資産価値」は実質ゼロということだ。 「ユベントス ユニフォーム」は788件の商品が出品されており、直近30日の落札件数は115件、平均落札価格は4,227円でした。 「FIFA Ultimate Team」をプレイするには「FIFA 19」および該当するゲーム機(別売り)、ゲームの全アップデート、インターネット接続、EAアカウントが必要です。 イタリアの「ローカルなプロサッカークラブ」から、サッカーを軸として様々なビジネスを展開する「グローバルなエンターテインメントカンパニー」に脱皮するというのが、ユベントスが描く将来的なビジョンであり、ロゴマークを核とするブランドマーケティングはそのための重要なツールなのだ。

いつ対戦するのかは重要ではなく、対戦の際に準備ができているようにするべきだ。  ユベントスは、イタリアでは他を寄せ付けない絶対的なリーダーであり、ヨーロッパや南米でも名門クラブとして認知・評価されているが、アジアや北米を含むグローバルマーケットにおいては、レアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったスーパーメガクラブに、その知名度と人気において大きく後れを取っている。実際Instagramのフォロワー数を見ても、2月時点では860万人だったものが、ロナウド加入後の7月末時点で、一気に1345万人まで増えている。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。